COBYPLAN

ブログ

今なら相談料無料です!!

2021/10/29

なんてダサい、でもちょっとキャッチーな営業活動は行いません。

でも相談料はいりません。求めません。

 

なんでかって理由は簡単。

その昔、僕の父がギャンブル馬鹿って呼ばれていた頃に、意志の弱いダメな人間だと呼ばれていた頃に、

彼が困っていたのと同じように、母が、そして僕たち兄弟が困っていたときに、相談するところがあればいいなと思っていたから。

 

まず相談する場所がわからないところから始まって、場所が見つかっても費用負担が発生するなら、

困った人の一部しか相談できない。

もちろん、経済的に自立していない立場の方が相談できない。

それは相談する場所としては片手落ち。

門戸は広く、選択肢は多い。これが大事なことかなと思っているので、どうしても公的な場所だけでは難しい。僕が今取り組みたい一つの活動は誰でも相談できる場所の設置。特に子供達が親のことで困っていることを拾ってあげられないだろうかと思っている。ちょっと脱線してしまったけど、これは私的な行いであって誰かに強要するべきことではないことを言っておこう。

何も相談支援を費用とってやられているところを否定するものではない。

僕はライフワークの部分も大きいので、ただの私的な行い。

たとえば職員から相談料が必要です!って話が来たら、相談相手に納得してもらえればいいのでは?と返すつもりでいる。

 

それから、僕が相談料を取らない理由はもう一つあって、

言いたいことを言えなくなるからっていうもの。

今風にいうと、ポジショントークが必要になってしまう。

例えば、両親とその子(ギャンブラー)が相談に来たとする。

大抵ギャンブラー本人は借金抱えていて、親に相談に行くぞって連れてこられる。

そんな中、相談料取ってたら誰がそのお金払う?ほとんどの場合、親。すると、これは僕だけかもしれないけど親のために発言をしないといけなくなる。否、発言をしたくなる。

これは本望ではない。場合によっては家族自身にやっていただきたいこと、本人にやっていただきたいこと、それぞれあるわけで、変化には大抵痛みが伴う。

相談に来られた方各々が、将来的に幸せになるためのことであれば、僕はいつでも死神になる。嫌なことも言おう。

 

そのために、僕の場合は金銭の授受が邪魔なのだ。

 

 

※少し過激なお話かもしれないけど、実際は優しいおじさんです。気軽にご連絡くださいませ♪

 

エイサー

2021/10/23

もちろん全員とはいかない。

cobyplanの一部のメンバーが沖縄の伝統芸能エイサーを始めて、アルコールや薬物依存のリハビリ施設ダルク、そして地域の方々と共にお祭りで披露した。踊りや演奏って言うのは表現だから、衣食住の安全が担保された次のステップの人間の本能的な欲求だと思っております。

施設に繋がった当初は、何から手をつけたらいいのか分からない。お金と人間関係がズタボロで生きていくのが困難になった人たちが、とりあえずは元気になった事を嬉しく思う。

もちろん、注意深くみてみれば問題は山積み。

しかし、これでいい。

この当たり前のような基本的な欲求そのものが満たされず、社会でチャレンジすることなんて困難だ。

 

演技が終わった後の彼らの笑顔、気持ちの高揚、満足そうな立ち振る舞い。

施設に来た時のそれとは全く逆のもの。

 

。。。。顔出しできないのが残念。

 

 

ギリギリセーフ

2021/09/30

辛かった。

苦しかった。

忙しすぎて息する暇がなかった9月。

 

何とか滑り込みの更新。

 

 

忙しさに感けて探偵に激写された1枚がこれ。

 

夜8時ごろ、年頃の若い女性の肩を抱く中年の男性。

空のネオンは駐車場のものであって、いかがわしい夜の街のものではありません。

実は今月43歳の誕生日を迎え、家族に祝ってもらった帰り道、あまりに成熟した女性の格好を次女がしていたもんだから、長女に言って撮影してもらった一枚。

先輩方に怒られてしまいそうだが、子供の様子を見て老いを感じた誕生日だった。

 

 

それで9月がどういう感じだったかというと、cobyplanとしては激変の月となった。

まずもって、次のステージまたは集団生活が困難な病的ギャンブラーのためのアパートを一棟用意した。当然、役所、消防等各関係機関との打合せから手続きに至るまで様々なやりとりが必要になる。

 

次に、嬉しいことに回復して次のステップに進んだ人達が数名でた。1人はT、ブログにも何度か出て来た彼が一年のリハビリを経て、家族に埋め合わせをし、就労プログラムに移行した。

バイトが決まった時に、一緒に喜んでハイタッチした時の彼の表情を見たことがある人、どれくらいいるだろう。それくらいいい顔してた。

 

もう1人はY。一年のクリーンタイムの後、再発し同じ場所で1からやり直すという大変な作業を経て、長年決断出来なかった問題に一旦ケリをつけ、連携しているDの施設で就職が決まった。

 

T2に関しては、プログラムも進み同じギャンブラーの手助けをするべく、cobyplanでの職員研修となった。

 

僕は施設の利用者が、良くなっていく様を見るのは本当に嬉しい。昨日、1年間辞め続けているRのお祝い会でも本人に話したこと、自分自身の力だけではなく、見えない何かしらの力が働いて今の自分が存在する。その事を見せてくれるみんなには感謝しかない。

 

 

解決策はある、希望もある。

今どこかで困っている病的ギャンブラーの方に是非知ってもらいたい。

 

 

ここのところ、ギャンブル相談がとても多い。

他県からの相談も、県内も。

そして大抵深刻な状況。

 

 

本人にとって、今やらないといけない事、その方法がうまくいきますように。もし困難だったらご連絡を。

そしたら何とかなります、大抵は。

そんなところで。

 

 

 

 

※相手してくれないからふて寝するピース。

キャンプ

2021/08/12

キャンプ、行ってきました。

釣りアディクトになる人。

疲れて寝てたけど、BBQの時だけ起きてフードファイトする人。

みんなと同じところに寝ることが出来ずに、炊事場で寝てる人。

過去のトラブルをぎこちなく解決する人。

 

色んな出来事がありましたが、楽しく過ごしました。

それみたことか

2021/08/02

全くのプライベートなこと。

 

僕はギャンブラーの家族という立場で生きてきたクセが未だに抜けなくて、時々苦しくなってしまう。

 

それはギャンブラーと向き合っているとき、起こるものではない。

大抵子供といる時。

不思議なことに、妻に対してはほぼ起こらず、ギャンブラーに対してもおそらくない。あくまで自覚という意味で。

 

どんなクセかというと、

それみたことか。

やっぱりそうなったでしょ。

だから言ったじゃないか。

って言う得意の先見の明的なやつ。

 

これって言う方はすごく気もちが良くなるやつで、他の何者でもないただの山田が、あなたの事はなんでもわかってる、だから言うことを聞きなさいっていう含みをもたせた得意の言い回し、考え。

 

当然そんなやりとりで相手の行動が自分の思い通りになる事はないし、むしろ不健康な関係性になる事を想像する事は難しくない。実際そうであったし。

 

僕はそれでも、特に子供との関係でそれを繰り返しそうになる。本当はそんなんで作る関係を求めていないのに。

僕はそれを勝手に血縁の鎖(くさり)と呼んでるのだけど、なかなか断ち切れない。ダメだと思っているのに。

 

先日もそう。年頃の長女がボーイフレンドと初めて遊びに行くと言う話を次女に聞いた。絶対やめとけ、何があるがわからないからって言いたかったのだけど、友人に嗜められたことを思い出し、本人には、わざわざそんな都会まで遊びに行かずにこの町で遊んだら良いじゃん。危ないよとだけ伝えた。当然そんなオヤジの話聞くわけもない。妻には何を心配してるの?と聞かれ、よくわからないけど心配じゃないの?ともう質問に質問で答えるくらい余裕がない。あなたもそういう時代があったでしょと言われ、俺はほら、自分の事はよくわかったから心配なんかないとかよく分からない自分勝手な返答をしたり。

 

結局僕は、娘のデートのその日、何かあったらいつでも動けるようにその街でブラブラしておこうかなとかいう危ない行動をなんとか自制して、でも居ても立っても居られないから不必要な関係機関や役所とのやりとりやをして、そのやりとりに腹を立ててみたりして過ごしていた。

 

さて、時が過ぎ、帰る予定時刻の10分前に妻からの電話。当然妻はいつも通り僕の隣でタブレットを使ったゲームに熱中している。

念のために妻が携帯電話を持たせていたのは知っていたのですぐに娘からの電話だとわかった。(我が家は携帯電話を持たせないルール)

恐る恐る電話に出てみると、心拍数が一気に3倍に跳ね上がったのがわかった。15歳の娘が電話越しに泣いているのだ。理由なんか聞かなくてよかったし、頭の中が真っ白になるのがわかった。だから言ったじゃないか。それみたことか。当然僕の頭の中はその考えで一杯になる。

 

結局は僕が言葉にならずに恐れていたことではなく、この日初めて乗った電車で降りる駅を乗り過ごしてしまったらしく、本人の知らない駅まで行ってしまったので怖くなってしまい、どうしたら良いかわからなくなっていただけだった。

 

こういう時に、まず僕がどうなるのかといえば、それみたことかという思いに駆られ、僕が思う通りに行動しなかったことを責め立て、怒りをぶつける。この場合でいえば、彼女は困っていて怖くて悲しんでいるのにだ。

本当は心配で仕方がないくせに、出た言葉は自分で何とかしなさい。

まだそんな事を娘との間ではやってしまう。

 

結局その後一旦電話を切り、電車の時間を調べて、手段を伝え自力で帰宅させた。(本当は彼女が降りた駅まで車で40分くらいなので迎えに行こうという気持ちを自制して)

 

とはいえ、夜9時過ぎ。妻が大丈夫、駅からは自転車で帰るわよという言葉を無視して自転車で迎えに行った。その時間、自転車置き場が閉まっていたため、僕が乗って行った自転車に2人で乗って帰る事に。40代のおじさんは自転車の後ろに中学女子をのせ、安堵の顔とは裏腹に、プルプル震える大腿四頭筋に鞭を打ち帰宅。

今日遊んだボーイフレンドに勝った!なんて低次元の思いまでは抱かなかったことがせめてもの救い。

 

とまあ、相手が自分の血縁となるとこの程度で。

染み付いた考えや行動を修正する難しさ、またそれが反射的に起こるのでやめたいのにやめられない苦しさ。

 

ああ、ああ…。

けんた

2021/07/25

こんなはずじゃなかったのに…。

入所の意思確認をした時の本人の言葉。

 

もう少し本人の中では食い繋いでいける算段だった様だけど、

トラブルに巻き込まれ(生活保護が切られたその日に俗に言うカツアゲにあって最後のお金がすっからかんになってしまう)結果としてcobyplanに入所の運びとなった。ギャンブル以外の彼の特性で、なかなか適応が難しく、施設は絶対に嫌だったらしい。

連休直前の出来事だった事や、それ以外の諸々の出来事が重なって頼るあてもなく…。

 

それでも、まあいい。

ここで出来ることを一緒にやってみよう。

施設に行くかどうかなんて、紙一重なんだから。

 

 

写真は来佐当日、念願のTVをバックに記念撮影。

まずは生活支援から。

ギャンブル相談

2021/07/04

ギャンブルがやめられず困っているという相談がまたここのところ増えている。困っているのは家族だったり、本人だったりと様々。

 

いずれの場合も僕が心がけているのは、このコロナ禍にあっても対面で行うという事。

 

会う時に誰が現れるのか、緊張感や空気感、そう言ったものを共有しないと今その時に誰に対して何が必要なのかを導くのが、少なくとも僕には難しい。

 

面談の最後には行動をお願いし、応援して別れる。

相談は考えを聞いて知識を身につけ、物事が解決すると思われがちだがそうはいかない。依存症支援のキーワードである責任がカウンセラー側にあるからだ。対面での相談からこちらとしての支援は始めている。本人の回復は各々が行動ができるかどうか。

 

 

長崎vs佐賀

2021/06/14

vファーレン(j2リーグ)とサガン鳥栖(j1リーグ)であれば佐賀の方が格上です。日本版プロサッカーの話ですが。

 

日頃よりお世話になり、困った事があれば相談させていただいてる長崎のギャンブル依存症リハビリ施設GRAF長崎とフットサルの親善試合が6月11日行われました。

 

分かる人には分かります。

体をぶつけ合い必死にボールを奪い合うのはcobyplanの新旧対決。

新しくきた彼が佐賀で回復を始め、そのおかげでもうひとりは長崎に施設移動し、佐賀では止める事ができなかったが、長崎で回復が始まった。

そんな因縁というか、ストーリーのある2人です。

ストーリーとは言っても、しみじみとしていたのは僕だけで、当の本人たちはそんなこと知りません。純粋にサッカーを楽しんでいました。

 

さて、次はピースの決勝ゴール?

この姿、これまで関わっていた支援者や家族にぜひ見ていただきたい。元気に回復しています。

 

と美談はここまでにして、

試合の結果ですが惨敗しました。

 

でも楽しめたので全て良し!

 

悔しい〜。

ピース

2021/05/26

よかった!

月一更新に間に合った。

僕の身近にはピースが二人います。

こちらは我が家の愛犬ピース。うわ目使いがお上手。

 

次は4月にやってきたピース。

体験入所からしばらく家族のもとで生活したのち、

やるだけやって正式に。

家族を振りまわし、インカジとスロットに明け暮れていた彼が、

自力で電車を乗り継ぎCOBYPLANへ。

この写真は、あるお休みの日の一場面。

味付けは何にしようかと調味料を吟味している姿です。

 

彼を以前から知っている他の仲間は、今のピースの姿が信じられないという。

彼もまた依存症なので、明日のことはわからないけど、

今を一生懸命生きているし、プログラムにもしっかり取り組んでいます。

 

ともに。

相談があります

2021/04/28
  • っていうもんだから時間をとってみた。

3ヶ月前にやってきたYD。

別の施設で2ヶ月、飛び出して水商売。ギャンブル三昧。数ヶ月と持たずに入院、来佐賀という流れ。

双極性感情障害のエピソードもある人なので、ギャンブルの問題と精神病症状の因果を精査中。

この3ヶ月、ほぼ1人で読書に励み、ミーティングなんかやっても意味ない。本を書く人に何かを見出したい。そんな生活を送っていた彼からの相談事だった。

 

当然やり取りは今からここを出て地元に戻ってやって行きたいという話。

 

 

退所して自分でやっていきたいのであればいつでも良い。

前と同じ行動なら、同じ結果になりやすいのでしっかり考えろ。

骨折した翌日に怪我が治らないように、自分の目標には時間軸を忘れるな。ただ、ここに来る人達はそれができなかった人が多い。だからこそみんなは流れに身を任せる生き方に変えようとしているみたいだよ。

 

 

ひとりぼっちじゃ、

ここにいる意味ないよ。

 

相談する相手が違う、僕との関係は次のステップに行こう。

そう話したところで、彼は帰っていった。

 

TOPへ